お役立ち情報

基本色の無難なコーディネートになっていませんか?

全身ベージュだと、ぼやけた印象になってしまうため、赤のバッグでメリハリ。

色の組み合わせで、他人に与える印象や、「こんな風に見られたい」といった希望のイメージも、コントロールすることができます。

私も以前は、控えめな色が安心なので、ベージュ・グレーのような基本色ばかりのコーディネートをしていました。

基本色は、黒・白・ネイビー・グレー・ベージュ・ブラウンの、彩度(色の鮮やかさの度合い)が低い色なので、色が主張せず、ファッションに取り入れやすい色です。ただシンプルになりがち。

特に、秋冬になると落ち着いた色のコーディネートが増えてしまいますよね。

基本色同士のコーディネートは、無難で着回しやすいですが、どうしてもワンパターンで地味になりがち。差し色(アクセント)を活用することで、グッと垢抜けて、おしゃれな印象になります。

差し色は、全体に占める割合を小さく、さりげなく主張しないようにするのがポイント。パッと目を引くような明るい色を使うのが効果的。バッグ・腕時計・靴などは、意外と取り入れやすいのでおすすめです。

 

脚の太さで悩んでいませんか?

細プリーツの縦のラインでほっそり、ヒールのある靴ですっきりとスリムな印象です。

脚を隠すスタイルで美しく:着やせの大原則は、細い部分は見せ、太い部分は隠すこと!

クロップドパンツ・カプリパンツがお似合いになるのは、足首の細めの方。ブーツカットは、膝下が太い方におすすめ。ワイドパンツで脚の太さをしっかりカバー。なかでもプリーツ入りのワイドパンツは、縦のラインを強調してくれるから、脚の太さをうまく隠せます。

タイトなロングスカートは、ふくらはぎの太さカバーだけでなく、全身が細見えします。

裾に向かって広がるフレアースカートは、ふくらはぎを丸ごと隠してくれます。

ただロングスカートは、どうしても面積が大きくなるので、重い印象にならないように注意が必要です。

縦に線が伸びるプリーツスカートは、縦長効果により、脚長&全体が細く見えるメリットがあります。

靴はなるべくヒールがあるものが、背が高く脚も細く見えます。

 

脚を見せてるスタイルで美しく:スカートは丈の長さと靴選びがポイントです!

台形スカートは、太ももの太さをカバーでき裾が広がって、相対的にふくらはぎが細く見えます。比較的誰にでも似合う丈感は、膝が隠れるくらいです。必ず脚の一番太い部分に丈のこないものを選びましょう。

タイツやストッキングは、濃い目の色で、タイツと靴は同系色で合わせるとすっきり見えます。ただ、柄物は要注意です。柄であれば、縦ストライプのようにすっきり見えるものにしましょう。

靴は、足先がとがったデザイン、足先が開いているデザインがおすすめ。膝下が特に太い方は、ヒールがしっかり太いものの方が、脚がキレイに見えます。

脚が太いから、スカートは似合わない・・・と諦めていた方も、体型カバー術で、バランスよく着こなせますよ。

 

 

簡単にスリムに見せる方法

簡単ストレッチで美姿勢が手に入ります!

・縦の線を意識したデザインの洋服を着ること。

・なるべくミディアム(5㎝)ヒールを履くこと。

・ストッキングやタイツは、靴の色と調和するものを履くこと。

・トップスやジャケットの袖口は、折り返すタイプのものがすっきり見えます。

・良い姿勢を心がけましょう。痩せて見えます。

・ボトムに暗めの色をもってくると、背が高くスリムに見えます。

・マットな生地を。(光っているものはNG。太って見えます。)

・アクセサリーは高めにつけて、フォーカルポイント(一番はじめに目がいく場所)を上に持ってくること。

・小柄な方は、長いアクセサリーや低い位置の飾りはNGです。

・トータルの外見を、シンプルでエレガントに。ゴテゴテ着飾らないこと。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0885-32-5238
受付時間
9:00~18:00
定休日
不定休

お気軽にお問合せください

お電話でのお申込み・お問合せ

0885-32-5238

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/07/07
ホームページを公開しました
2020/07/06
「選ばれる理由」ページを更新しました
2020/07/03
「アクセス」ページを作成しました